いざ、とびだせ

いざ、とびだせ

オーストラリアへワーキングホリデー!

-Sponsor Link-

パースシティーからバスでスカボロービーチへ

 

 

 

 

タイ旅行記からパースへ舞い戻ってきました!

今回はシティーからすごく行きやすいビーチのご紹介。

 

 

実は今日もお天気がよかったのでピクニックをしに行ってきました。

そんなお気に入りの場所、スカボロービーチ

さぁ行ってみよう!

 

 

 

 

 

スカボロービーチとは

 

 

スカボロービーチ (Scarborough Beach) はインド洋に面しており、ホワイトサンドの連なる美しいビーチ。

海水浴にもよし、サーフィンにもよし。

 

ビーチ周辺にはホテルやレストラン、カフェ、スーパーがありパースシティーからすぐに来れる観光スポットとしても有名。

 

週末には子供連れの家族やリラックスをする老夫婦など、老若男女それぞれが楽しめるそんなビーチです。

 

 

場所

 

パースシティーから北西に約14km。

車で行く場合は約20分という近さ!

 

交通の便も良い場所なので夏の週末なんかはたくさんのオージー

観光客で賑わっています。

 

 

 

行き方

 

ここまでの行き方は超簡単!

パースバスポートから990のバスで約40分。

 

 

バスポートはパースシティーのこれ↓の近くね。


f:id:coto-trip:20190708211157j:image

 

 

Perth Busport と書いてある建物の地下からバスに乗車できます。

 

 

もうひとつ嬉しいのは、990のバスの終点がスカボロービーチなので終点で降りるだけ。

 

途中下車不要!

これは観光で来る人でもハードルが下がるんじゃないかな。

 

 とにかく990のバスに乗れれば到着します。

 

 

ビーチ周辺の施設

 

先ほども少し記載しましたが、

周辺にはホテルやレストラン、カフェ、スーパーがあります。

 

節約の場合はColes(スーパー)があるので、マフィンやお菓子、ジュースなどを買ってビーチへ行くのもよし。

 

フィッシュアンドチップスをお店で買ってビーチで食べるとかも、オーストラリアっぽくていいよね!!


f:id:coto-trip:20190708211356j:image

この写真は今年の2月

 

 

 

公共の綺麗なトイレやシャワー室、ビーチのいたる場所に水シャワーがあります。

 

 

 

あとは、バスケットボールのグラウンド、スケートボードパーク、子供用プレイグラウンド(アスレチック)もビーチ沿いにあります。

 

 

 

 

小さい子供で海が怖い子なんかでも思う存分遊べるアスレチック。

今日は芝生でひたすらゴロゴロ転がる子供をたくさん見かけましたw

 

 

オーストラリアの好きなところはこういう無料で楽しめるパークが多いところですね。

車で行く場合は駐車場もビーチすぐ横にあります。

 

 

是非ともサンセットまで


f:id:coto-trip:20190708211515j:image

 

 

パースの位置はWA(ウエスタンオーストラリア)。

エスト!

 

そう!!夕日が海に沈むのがこのビーチから見ることができます。

 

 

日中はビーチでおもいっきり遊び、夕方はうっとりとするサンセットタイムを堪能してみてはいかがですか?

空がオレンジや赤、むらさき色に染まる時間、マジックアワーを芝生やビーチで寝そべりながら過ごすのは極上の癒し。

 

 

本当におススメです!

 

 

 

まとめ

 

私、ほんまにビーチでごろごろ好きやねん。

 

冬にビーチで何するん?って思われるかな?(今、パースは冬ですが今日の最高気温は18°)

さすがに水温は低いので海水浴はしたくないですw

 

でも日中天気が良ければビーチの芝生エリアでごろごろ読書したり、日記を書いたり

サーフィンをしてる人を見たりして過ごす休日が最高に充実してる気分になるんですよね。

 

 

今日はお昼ご飯持って行って、コーヒーを買ってごろごろ。

それだけで素敵な休日のできあがり!

 

 

夏の海水浴も大好きですが冬のビーチも悪くない。

お天気のいい日に是非とも足を運んでみてください。

 

 

 

バンコクから水上マーケットとアユタヤ遺跡へ


 

 

パンガン島より再びバンコクへ戻る私たち。

6/20は1日まるまる予定が空いていたので、事前に予約していたツアーへ参加してきました。

 

f:id:coto-trip:20190706003446j:image

 

 

ツアー参加とかおじいちゃんおばあちゃんみたい、、、。

 と全然、全く乗り気じゃない私。

 

 

ところがどっこい、帰り道には

 

「まじ、ツアー参加してよかったよな!!」

 

っていいながらニコニコ帰宅する

 そんな1日の様子をどうぞwww

 

 

 

 

バンコクからツアー参加


f:id:coto-trip:20190706003009j:image

 

今回かなり久しぶりに海外でツアーというものに参加。

タイの中心地バンコク発のこちらのツアー↓

 

 アユタヤ遺跡+水上マーケット 1日観光ツアー

 

 
f:id:coto-trip:20190706003040j:image


バンコクを中心に南西にあるのが ダムヌンサドゥアック水上マーケット

バンコクより北にあるのが アユタヤ遺跡

 

その二大観光スポット+象さんライド へ連れて行ってくれるVELTRAのツアーでした。

丸1日なのでホテルでのお昼ご飯(ビュッフェ)もついて2500バーツ(約9000円)~

 

 

 

タイムスケジュール

 

AM 7:15 バンコク市内のホテル出発 

(カオサンに宿泊していましたがここまでは迎えにきてくれませんでした)

午前 ダムヌンサドゥアック水上マーケット

バンコクのホテルにて昼食

(渋滞がひどく当初の予定を変更してバンコクで昼食でした。)

午後 アユタヤ遺跡と象さんライド

バンコクで解散

 

 

水上マーケットはこんな所

 

 

 

 

密かに時間があれば訪れたいと思っていた場所、水上マーケットでエンジンボートに乗りマーケット内をグイグイ探索。

アトラクションに乗ってるかのように狭い水路を走っていくのはすごいワクワク!

 

周辺の高床式住居なんかの生活感も垣間見れておもしろいよね。

 

中心地でボートを降りてそこからは自由行動。

 


f:id:coto-trip:20190706004747j:image

揚げバナナを売ってるおばあちゃん。

 

 

マーケットをもっと楽しみたい場合は手漕ぎボートに乗って色々買い物ができるみたいやけど、普通にお土産買ってたら時間なくて手漕ぎボートには乗れずw

 

客引きのおばちゃんがなんせしつこくて大変やけど、友達は値段交渉めっちゃうまくてお土産上手に買ってた。

 

 

あと、でっかいヘビとちっさいサル?(語彙力😭)と写真撮れるよ!(もちろん有料)

 

 

 

アユタヤ遺跡はこんな所

 

アユタヤってあちこちに色んな遺跡があるのね。

ツアーで連れて行ってもらったのはコチラ↓

  • ワット・ロカヤ・スター
  • ワット・プラ・シーサンペット
  • ワット・マハタート
  • ワット・ヤイチャイ・モンコン、、、、、、、。

 

ごめんなさい。

自分の撮った写真と場所の名前が一致せず。

どこがどこやかわからんくなってしまいました。

 

 

こことか

 

こことか

 

 こことか

 

 

雑!

もっとうまく伝えたかったけど無理でした。

とにかく有名どころに連れて行ってくれましたw

 

 

 

 

ツアー参加のメリット

 

普段、バックパッカーなら自力移動!自力観光!!精神がかなり働いていて参加することが少なかったツアー。

 

そんな私が気づいたこのツアーのメリットについてどうぞ。

 

移動時間はのんびりタイム

 

なんと言っても移動が楽ちん。

自分自身でバスや電車を乗って観光名所に行く場合は

 

のりを調べて、チケットを買って、乗り場と降りる場所を調べて、、、と一苦労。

日本みたいにうかうかと寝てられる訳もなく、常に気を張ってる状態。

 

その問題がツアーなら全くなし!

前日も夜中まで遊んでいた私たちは集合時間もギリギリなぐらい睡眠が足りておらずw

バンに乗っている間はひたすら眠りに眠っておりました。

 

交通渋滞に突入していたのも気づかぬほどに爆睡。

運転手さんには感謝でした。

 

 

ガイドさんが教えてくれる歴史

 

おそらく自力でアユタヤ遺跡に行っていたら、色んな疑問が解決することなく終わっていたでしょう。

 

アユタヤ遺跡ってなに?

なんで首ないん?

建て方が違うの?

 

とか他にもたくさん。

いや、勉強してから行けよ!とか思うけど私たぶんしやんわ、、、。

 

それを全部説明してくれるのがガイドさん!(皆さまご存知の通りw)

重要ポイント~豆知識まで、目的地到着後にはたくさんお話してくれます。

 

改めてお金を払う価値ってここやなと貧乏性の私は勉強になりました。

 

効率よく車でスイスイ

 

皆知ってた?アユタヤ遺跡っていっぱいあるんやで。

 


f:id:coto-trip:20190706003215j:image

 

この写真以外にもまだ2か所ほど連れて行ってもらっています。

それぞれの移動時間は数分〜10分ほどですが、車移動の場合です。

 

中には自転車で回っている人もいましたが、暑すぎるからねなんせ。

すっごい大変やと思う😂

倒れちゃうよ~。

 

道に迷う心配もいらず、あっと言う間に次の目的地に到着しているのは本当に楽ちんでした。

 

 

タイの気候をなめていた

 

私、タイのお天気なめてました。ごめんなさい。

平均気温30°越え、さらに雨季でじめじめパラダイス。

 

外に出れば汗が垂れ流れでて、風も吹かんからサウナのちょっとましなやつ!

って感じ。

 

その中一つ一つアユタヤの観光名所を見ては移動、見ては移動を繰り返していたので

エアコンの聞いているバンの中にいる間は天国のようでした。

 

友達は熱中症になりかけていたので、水分摂取必須ね!!!

なめてたら痛い目見るほんまにw

 

 

このツアーのデメリット 

 

あえてデメリットをあげるとしたら、忙しい!!!とっても!!!!w

 

もうちょっと水上マーケットゆっくりしたかったなぁとか、遺跡を見てても集合時間を気にしながら行動していました。

 

まぁこれだけあちこち連れて行ってもらってるからね。

忙しくもなるよね。

 

あんまりデメリットと感じてないぐらい満足しています。

 

 

まとめ


f:id:coto-trip:20190706005006j:image

 

今回参加してツアー参加はするべきかも!って考えが変わった1日でした。

 

移動や知識に関してはプロに任せた方が攻略するのに手っ取り早い。

 

もう少し時間があればアユタヤ周辺に一泊でもしてのんびりできるけど、バタバタのタイ旅行なのですごく効率よくまわれて満足しています。

 

 今後他の海外へ行くときもツアーとか詳細みるようにしようかな。

短期旅行の場合とか時間があまりないけど観光地は行きたい!って時にすごい良いかもね。

 

 

補足(象さんライドについて)

 

アユタヤに向かって最初に到着したのは実は象に乗って散歩ができる場所でした。

 

が、私は乗らずに見てるだけ。

 

友達が以前、タイにある象やその他の動物たちを保護する施設でボランティアをしていたと話してくれました。

 

そんな事もあり乗る気になれず。

強制ではなく、お金払ったら乗れますよー!

ってやつやったのでよかった🙆

 

はい、なので詳しくはわかりません。

 

 

以上!ツアー満喫投稿でした😊

フルムーンパーティー2019

 


f:id:coto-trip:20190701104526j:image

 

 

2019年6月17日

行ってきました!!!

フルムーンパーティー at パンガン島🌴

 

 

我々はパーティー当日の夕方にバンコクからパンガン島に到着。

行き方については前回の投稿を参考にしてみてください↓

 

 

coto-trip.hatenablog.com

 

では!フルムーンパーティーの模様をご覧あれ

 

 

 

フルムーンパーティーとは

 

月に一度、満月が光り輝く夜にタイ、パンガン島にて行われる世界3大レイブパーティーの1つ!!!

 

全世界からパーティー好きの人々がこの小さな島に集結。

朝まで、いや、体力の続く限り全力で楽しむイベントでございますw

 

 

会場はどこ?

 

フルムーンパーティーが行われる会場は、ハードリンビーチという東の端にあるビーチ。

 

 

このビーチの端から端までびっしりと人で埋まり、踊りまくるその光景は圧巻です。

 

会場までの行き方

 

私が予約していたホテルは会場から西の方。

徒歩で行くには遠い場所。

だけどご心配なく!

 

ソンテウと言う乗り合いタクシーがバンバン走っています!

 

だいたい1回1人100-200バーツ。

手を上げたら勝手に止まってくれて、お金を払って乗り込むだけ。

 

乗り合いタクシーも音楽をガンガンに流しているのでお酒片手にすでにパーティー気分が味わえます。

 

夜中に帰る時もご安心を。

ビーチから道へ出る際にタクシーのプラカードを持ったおばちゃんがワチャワチャしてるので人数が集まり次第出発してくれます。

 

私は午前4:30頃利用しましたがタクシー内で皆ガンガンテンション高いままおしゃべりして帰りました😊

 

 

フルムーンパーティーの楽しみ方

 

フルムーンパーティーと言えばこれ!!

というものがたくさん😀

 

会場に着いてからすべて準備ができるのでビーチに着いてから徐々に仕上げることができますよ!

 

ボディーペイント

 

このパーティーではボディーペイントをしてる人がいーっぱい!

 


f:id:coto-trip:20190701103540j:image

 

会場すぐ横にはこのようにボディーペイントをしてくれる人がたくさんいます。

一回150バーツ?

後ろにあるサンプルを指差して書いてもらえます。

 

我々はペンキと筆をパンガン島到着後すぐに購入して部屋でお絵かきタイム!

3色のペンキと3本の筆で80バーツ。

 

好きにデザインして描きまくれるのでそれだけでも楽しい!!

 

光るアクセサリー


f:id:coto-trip:20190701105035j:image

 

会場ではボディーペイントの他、ブラックライトで光るハットや花かんむり、舞踏会のようなお面も販売されていました。

 

何も用意してない!ってなっても大丈夫。

お祭りの屋台で完成させていきましょう!!!

 

 

名物!バケツカクテル

 


f:id:coto-trip:20190704112108j:image

 

お値段 300 - 400バーツ。

ウイスキーウォッカなどとレッドブルやジュースで割ったバケツカクテル!!

カクテルと言うよりか、がぶ飲みアルコール😂

 

 

味は様々。屋台前にバケツのサンプルがおいてあり、気になるやつを店員さんに伝えるとドバドバァーと全ての飲料を注ぎ込んでくれますw

 

私はハズレを引いてなにやらよくわからん味をしていました🙄。

 

注意点はバケツが邪魔で買ってすぐに行方不明😭

写真を撮るときとかすっごい邪魔🙉

私も友達も買って30分立たないうちに無くしていますw

 

 

炎の縄跳び

  


f:id:coto-trip:20190704112431j:image

 

 

会場ですごい盛り上がりを見せていたのはこれ!

炎の大縄跳び

 

皆テンション上がってるから、なだれ込むように飛びに行く人多数。

 

ガチの炎

 

そして友達はガッツリ火傷して戻ってきました😭w

やるときは気をつけてね!

でも周りにいるだけでテンションが上がる!

 

炎の暑さと人の熱気が伝わってきてキャーキャー言っちゃったよ。

 

その他に炎のリンボーダンスもあったけど、設置されたり無くなったり。

時間によるのかなー?

 

 

フルムーンパーティーのおトイレ事情

 

 

女子必見、おトイレ事情です。

会場はただのビーチ、そんな中お酒もたくさん飲んでトイレが近くなってしまう。

 

そんな時でも安心、公衆トイレ(トイレットペーパー有り)たくさんあります!!

一回20バーツ払えばね、、、

 

 

そう、有料なんです。

 

 

男の人はいいよね。

トイレしてくるって言って、海にトイレしにいけるから。

 

女の子も海でしてる子いっぱいいてたけどね😊

節約するならビーチで!オススメはしません😆

 

 

フルムーンパーティーの裏技

 

パーティーの雰囲気を思う存分味わうためにバケツカクテルを注文!

ただ、高いし、味よくわからんし、完全悪酔いする恐怖😱

すぐ無くすし!!!w

 

 

ビーチ沿いの屋台ではバケツカクテルの他ビールなども置いてあります!

 

 

が、私はお酒購入のためにコンビニへGo!!!!

ビールやスミノフなどのカクテル類、もちろんお水も在庫を欠かすことなく置いてあるのでコンビニ(らしき場所)で毎回お酒を購入していました!

 

お値段もお手頃(だった気が)

 

 

ビーチ沿いのお酒専用コンビニ以外にも、セブンイレブンがあるのでそこも人がたくさんいましたよ😆

 

帰り道お腹が空いたのでセブンイレブンで買食いして帰りました。

 

 

まとめ

 


f:id:coto-trip:20190704112542j:image

 

世界3大レイブパーティーの1つなだけあって、すごい人の数!!!

タイにいるのにアジア人を見かけるのがレアなぐらい全世界からつわものが集まり踊りまくる世にもハッピーなパーティーでした!

 

 

ただ、人が多いのでスリなどには気を付けてね。

友達は序盤で何故かビーサンが行方不明にwwwどうやって忘れてきた!!

 

お酒の飲みすぎも自己管理で。

タンカーで運ばれる人を何人かみましたよぉ。

こうなると楽しい思い出が水の泡、、、。

 

ちょっと飲みすぎたぐらいにしよっっ!w

 

会場の雰囲気といい、盛り上がりといい、生きてる間に見れてよかった!

また機会があれば参加したいな。

 

 

フルムーンパーティーへの行き方


f:id:coto-trip:20190630192645j:image

 

 

6/17 我々はフルムーンパーティーが行われるパンガン島へ向かいました。

 

バンコクからの行き方は複数ありますが

今回は1番高くて1番早い行き方を選択。

 

 

時間に余裕がある場合は大幅に節約もできるので、他の方法もオススメします🙆

 

 

 

 

バンコクからパンガン島への行き方

 

バンコクからパンガン島への行き方を調べに調べまくって出た結果報告。(2019年6月調べ)

その際参考にしたのがこのサイト

 

12go.asia

 

※実際にこのサイトでチケットを購入していないので、良し悪しの判断はお任せします。

 

 

バス+船

 

 カオサンから出発するバスがあり、このサイト↓ ロンプラヤー社から予約できます。(日本語表記無し)

From Bangkok To Koh Phangan の選択で検索してみてください。

 

www.lomprayah.com

 

時間は 6:00発 → 16:10着 と

    21:00発 → 10:45着 があるようです。

 

移動時間と値段

 

・時間 10時間~14時間ほど

・値段 1200バーツ 約4300円

 

 

夜行列車+バス+船

 

このチケットの予約方法はよくわからず、、、

 12Goこのサイトから予約するのがいいのかな?

 

時間は2つ選択肢があって 18:30発 と 19:30発

座席はファーストクラスとセカンドクラスがあるようです。

 

寝台列車なのでゆっくり足を延ばして寝れるのはいいね!

 

 

移動時間と値段

 

・時間 16時間~

・値段 約5500円~

 

 

飛行機+バス+船

 

この方法で行く場合はAir Asia またはNok Air で予約するといいです。

全てのチケットがこみこみで予約できます。

 

 

行き方としては

バンコク ドンムアン空港 (飛行機)→スラータニー空港

スラータニー空港(バス)→ドンサック港 

ドンサック港(ボート)→パンガン島

 

 

移動時間と値段

 

Air Asia

・時間 8時間40分~

・値段 5000円~

 

Nok Air

・時間 5時間20分~

・値段 8800円~

 

Nok Airの方が少し高いけど、乗り換えによる時間のロスが少ないようですね。

時間とお財布と要相談っていう感じ!

両方のサイトを見比べてみるのがいいですね。

 

 

飛行機+船

 

今回利用したのはこの方法

バンコクエアウェイズという航空会社を利用(日本語表記無し)。

 

From Bangkok To Samui で検索

サムイ島からパンガン島へのボートは空港でチケットを購入できます。

 

スワンナプーム国際空港 (飛行機)→ サムイ島

サムイ島(スピードボート)→パンガン島

 

飛行機の時間はバンコクからすごい数がでているので正直選びたい放題です。

なので船の時間から逆算していくのがいいと思います。

 

 

移動時間と値段

 

・時間 3時間~

・値段 航空券 約10,000円~

    ボート  約3,000円~

 

 

今回の反省点 

 

今回の反省すべきところはボート!!!

 

サムイ空港に15:30着 空港から港へのタクシー+ボートのチケットを購入

港らしき場所に着くも一向に出発する気配がなく、結局広場みたいな場所でお酒を飲んで2時間待ちぼうけをくらいました。

 

会社名忘れてしまったけど、おそらく人数が集まるまで出港しないパターン。

さらに船小さいから船酔いする人は要注意。

 

友達はぎりぎりセーフでパンガン島に着いててマーライオンになってました😂

 

 

なんで私はロンプラヤー社で行くことをオススメしますw

船は快適、時間通りに出港する、会社の規模でかい。

 

 

まとめ

 

雑なまとめになりましたが、もし私がもう一度フルムーンパーティーに行くとしたら

Nok Airの飛行機、バス、ボートコースを私は選ぶかな?

 

往復で違う経路にしてもいいやろうし!

 

今回は往復でバンコクエアウェイズを使って、普段LCCしか乗ってないから機内食と飲み物が出てきたときに驚いた私でしたw

 

 

では次はフルムーンパーティーについて!

バンコクに到着!SIMカードゲットと移動手段

 

 

タイ旅行1日目

空港でのSIMカード購入と、移動手段についてです。

 

 

 

パースからバンコクへの航空券は以前の投稿を↓

 

coto-trip.hatenablog.com

 

 

 

旅の日程 

 

16日の日程はこんな感じ。

 

 

パース 6:50発

クアラルンプール(KLIA2)12:30着 14:15発

バンコクドンムアン空港) 16:30着

 

 

チャトチャックウィークエンドマーケット

ホステルチェックイン (スクンビット

友達と合流 (シーロム

その後夜の街へ、、、

 

 

と飛行機での結構な長旅🙉

クアラルンプールでの乗り継ぎは1時間45分

少し短いかと思ったけど、預け荷物無しなので余裕でした🙆

 

 

※聞いた話

乗り継ぎ時間が短く預け荷物をしていると飛行機間の荷物移動がうまく行かない場合があるそうな、、、?

ほんまかどうかはわかりません😂w

 

 

オンタイムでバンコクに到着!!!

高温、高湿度!!

季節は雨季やもんね。

 

 

早速空港でヒートテックやら上着やらを脱ぎ捨てて(ちゃんとバックパックにしまったよ)やりました👋

 

 

空港についたらまずはSIMカード

 

もともとSIMフリースマホを使っているので、SIMの差し替えだけでおっけー!

到着ロビーには携帯会社の簡易カウンターが並んでいるので、適当に購入↓

 

truemoveh.truecorp.co.th

 

リンクががっつりタイ語www

TrueMoveの8日間で299バーツのsimカードげっと!

設定は勝手にやってくれるのでお金とパスポートをわたすだけ。

 

他の会社もあったけど、値段は同じでしたね🙆

 

 

ドンムアン空港からの移動手段

 

日本から来る友達とは現地集合、現地解散。

つまりドンムアン空港に着いた時は1人。

1人でタクシー使うのはちょっと、、、

 

 

エアポートバス

 

そこで利用したのがエアポートバス。

丁寧なブログとは違い全然写真撮ってないや、、、。

 

 

ドンムアン空港から出ているA1,A2と書いてあるバスに乗り込み向かうはチャトチャック駅。

 

支払いはバスに乗った後に添乗員さんに渡したらok。

到着場所は心配だったのでグーグルマップを開きっぱなしでしたが、ほとんどの人が同じ場所でおりました。

 

 

 なぜチャトチャック駅にしたのか。

それはね、、、

ウィークエンドマーケットがやってるから!

 

 


f:id:coto-trip:20190626194948j:image

 

 

そしてなによりバンコク内を電車で移動したかったから都合の良い場所がチャトチャック駅でした。

 

 

 

 

 

電車

 

電車はやっぱり渋滞がないし、安いし。

使うに越したことないよね!

 

 

thailand-navi.com

 

路線図はこれを見ると便利!

あとはスマホが使えるならグーグル先生にお任せするのもあり。

 

 

泊まる場所がスクンビットの周辺だったので乗り換えなしで行くことができました。

 

 

 

昔のバックパッカースマホもPCも無い状態で世界旅行をしてたって想像すると尊敬するよね。

今は情報が溢れてるから調べればすぐにわかるし。

 

 

ほんま便利な世の中だ。

 

 

まとめ

ドンムアン空港から、日中の道が空いてる時間

もしくは複数人での行動ならタクシーも便利かと🙆

 

ただ、単独バックパッカーにはやっぱりバスや電車がおすすめ。

行き先さえわかってれば、道行く人に名前だけ伝えたらだいたい理解してもらえるしね。

 

電車の駅の券売機も日本語は流石に表示ないけど、英語表記に変更できるので簡単に使えたよ!

 

 

電車もきれいし、日本と変わらん乗り心地。

次の駅のアナウンスもディスプレイと音声でしっかりしてくれるので安心です。

 

パースからバンコクへ!

 

 

 

前回のブログから日にちが空いてしまいました😭

 

 

日々がむしゃらに働く。

その理由は、、、

 

 

タイ、バンコクに行くため!!!


f:id:coto-trip:20190624214430j:image

 

 

以前パースのバッパーに住んでたときに出会った日本人が

「フルムーンパーティー行くけど行く?」

って聞いてきてくれて即決したってやつね。

 

 

6/16〜6/21までパースの冬から逃げてやりました✈

いぇいっっ!

 

 

日程としてはこんな感じ↓

 

 

6/16

パース→クアラルンプール→バンコク (1泊)

 

6/17

バンコク→サムイ島→パンガン島 (2泊)

一大イベント フルムーンパーティー

 

6/19

パンガン島→サムイ島→バンコク (2泊)

 

6/21

バンコク→クアラルンプール→パース

 

 

大きな飛行機移動が間にあったりしたから、ちょっとバタバタな旅やったけど、結果オーライ。

 

 

 

なんとか全員生きて帰ってこれたのでよかったと言うことで、この後のブログはタイ旅行にまつわる事を書いていこうと思います🙋

 

 

どうぞお付き合いください😊

忙しさと体重は反比例

 

 

ここ最近は仕事(マッサージ)が全く忙しくなく、仕事時間よりも待機時間の方が長いんじゃないかと思うほど。

 

 

マッサージジョブは基本的に休憩時間がありません。

もしお客さんが来続けてるとお昼ごはんを逃すこともしばしば。

 

エネルギーチャージに簡単に食べれるバナナやスナックを口に頬張ってお客さんを迎えることもあります。

 

 

ただ、暇な日は地獄😇

ひたすらお客さんが来るのを待つ。

すぎる時間は遅い。

やることがない。

 

食べることについつい走ってしまう始末。

 

 

 

忙しさと体重は反比例

 

最近わかった。

暇過ぎて考える時間が山のようにあるからこの法則を理解しました、、、。

 

 

忙しい日

 

お客さんが次から次へ。

手を洗う時間さえもないぐらい。

そうなれば

食べる量も限られる。(お昼ごはん食いっぱぐれ)

マッサージによる全身運動をキープ。

スーパーへの買い出しなんて行けたもんじゃない。

 

つまり

給料はUp

カロリー摂取と出費がDown。

 

 

 

暇な日

 

お客さんまだかな〜、まだかな〜。

お昼ごはん逃すの嫌やし先に食べとくか!

あれ?食べ終わったけどまだ時間ある。

忙しくなるかもしらんし、もうちょっと食べとくか!

 

さらに暇過ぎてスーパーへ買い出しへ。

 

 

つまり

給料はDowb

カロリー摂取と出費がUp。

 

おなまけボディーの完成となるわけです👏❤️

 

 

 

悲しい現実

 

この体もどんどんオーストラリア人体型に近づいていくのかという恐怖があります。

 

なぜなら、日本にいてるとき周りの人は細身の人が大半。スキニー体型に見慣れる目。

 

ところがここオーストラリアはでかい人が半分ぐらい?

 

ビーチに行ってお腹ボヨンボヨンのビキニ姿。

パツパツの服にお肉が食い込んでる若者。

おじいさん、腰とお腹のお肉がジーンズから飛び出てるよ。

 

これが普通。見慣れる体型。

そうなると私の体も引き締まることを忘れて行くよう。順応ってすごいね。

 

 

あー、こわっ。こわすぎるっ。

心も体もこの国に馴染むというのはこういうことでしょうか😱

 

 

早くこの寒い季節とTaxの時期が過ぎて、目が回るぐらい忙しい日が来るのを待つしかないのかなぁ。(もっと運動しろ)

 

 

🙏